Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
壁にぶち当たった問題
0

     

    最近、アクセサリー作りがいったん壁にぶち当たったかのようでした。

     

    大切な材料が入手困難になってしまったのです。

     

    今までと同じものが作れなくなってしまうという大きな問題が。。。

     

    いろいろ探し回るのですが、見つけることができず、完全にお手上げ状態でした。

     

    絶望的な気持ちやら、怒りやら、不安やら、色々な気持ちが入り混じり、なんとかならないかと、数日間悩みました。

     

    そして、たどり着いた考えは、「これも、何か意味があるはず。きっと新しいやり方をすべきという時期なのかもしれない」

     

    ということ。

     

    方向転換まではいかないけれど、いったんあまり深く考えずにやってきたやり方をいったん止めてみるという必要があったということ。

     

    そのおかげで、たくさんの新しいことが見えてきました。

     

    新しい挑戦や、違った視点、方法などを考えるきっかけをいただくことができました。

     

    今まで、試したことのないことなどに挑戦してみます。

     

    やってみなければわからない。

     

    やってみて、良い結果がでるのか、あまりよくないのか、それはわかりません。

     

    でも、やってみる価値はあります。

     

    それから、もう一つ。

     

    とても大切なこと、それはできることをするということ。

     

    すべきことをするということ。

     

    今まで入手してきた材料が手に入らなくなったという理由で、今まで作ってきたようにできなくなったということを、材料入手元に知ってもらうということ。

     

    メールで、その旨を伝えました。

     

    返事が返ってくるかどうかということを期待はしていませんでしたが、先方の会社から返事をいただくことができ、電話でお話をさせていただく機会がありました。

     

    そして、壁にぶち当たっていたと思われた大きな問題が、解決できるかもしれないという糸口をいただくことができました。

     

    話をして、解決策などの案を提案していただいたりしているうちに、心の中にあった大きなわだかまりや不安などが消えてなくなりました。

     

    最初、その会社に抱いていた怒りも、担当の方とお話させていただくと、全くなくなり、

    それどころか、いろいろと提案をくださるということがありがたく、感謝できました。

     

    結局、すべてのことは、人との関わりだなあと改めて感じることができた件でした。

     

    まだ、完全に解決とはなっていませんが、とりあえず、新しいことへの挑戦の機会をいただけたことはあきらかです。

     

    この問題のおかげです。

     

    ありがたい、問題。

     

    ありがたい、人との関わり。

     

    たくさんの人との関わりのおかげで、今の私のアクセサリーがあり、

     

    今の私がある。

     

    そんなことを改めて感じます。

     

     

    posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 21:29 | comments(0) | - |
    時間に追われないために
    0

       

      時間に追われることは良くない

       

      最近、本当に忙しい。

       

      毎日時間に追われている、気がするのです。

       

      ゆっくりする時間がない、気がする。

       

      移動の時間は大体走っている。

       

      ときに、お昼を歩きながら食べている。

       

      「忙しい」という言葉は、昔、良い言葉だと思っていました。

       

      ですが、良いとは限らない。

       

      特に「時間に追われている」という言葉は良くないと思うのです。

       

      余裕がないということで、

       

      自分で時間をコントロールできていなくて、時間に自分がコントロールされているという感じです。

       

      ですが、忙しいことはありがたい。

       

      たくさんの人と関わることができる毎日に、感謝。

       

      なので、ふと、考えてみました。

       

      どうして、時間に追われていると思うんだろう。。。

       

      時間に追われていると思わないためにはどうすればいいんだろう。。。

       

      時間がなくて走って移動するのは、レッスンの時間ギリギリまで、アクセサリー作りをしてしまうから。

       

      そして、アクセサリー作りは、時に注文を受けたもので期限があり急ぐ必要がありますが、

       

      ときに、楽しくて、作りたくて作っている。

       

      「キリのいいところでやめたい」と思うから、

       

      「あともうちょっと、もう少しやりたい」と思うから、

       

      時間がなくなる。

       

      そして、アクセサリー作りをしているときは、けっして忙しいわけではなく、

       

      ゆっくりとした、ゆったりとした、黙想に近い時間です。

       

      少なくとも、私には、そういうゆったりとした時間があります。

       

      それは、とてもありがたいことだと思います。

       

      ただ、オンラインで海外に向けて販売していると、時差の関係で、夜中や朝方に注文が入ることが多々あります。

       

      そうすると、予定が狂ってきます。

       

      朝出かける予定だった時間までに、発送の準備をする必要がでてきて、

       

      バタバタするのです。

       

      また、寿司クラスや英会話レッスンの予約のメールやリクエストのメールも、同様に突然やってきます。

       

      それらに返信するのに、また予定外の時間を取ってしまったりします。

       

      ですが、これらも、私の性格上の問題だったりします。

       

      今すぐに、一刻も早く、すべきことを終えたい、終えてしまいたい、と思うから、

       

      次々とやってくるミッションに対処していく、

       

      それが、時間に追われるという感覚を引き起こしているのだと思います。

       

      ときに、待つということも必要かなと思います。

       

      時間がなければ、すぐに返信できなくても仕方ない。

       

      お客様はもちろん大切だけれど、

       

      自分の人生を楽しむということを忘れないようにしたい。

       

      自分の人生を犠牲にして、苦しくして、お客様に楽しんでもらうということはできないと思います。

       

      自分が楽しんでいれば、自然と周りにも伝わっていく。

       

      余裕をもって、時間に追われないように、

       

      時間を自分からコントロールできるようになりたい。

       

      そのために、自分ですべてをやろうとしない。

       

      頼めることは、人に頼んで、仕事を減らし、時間を確保するということも学んでいきたいと思うのです。

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 07:25 | comments(0) | - |
      盛況だったさくら祭り
      0

         

        sakura festival

         

        先日の地元のさくら祭りは、本当に素晴らしい一日でした。

         

        夢にまで見た光景がそのまま実際に再現されたかのような、桜吹雪の舞う中でのお祭り。

         

        たくさんの人でにぎわうお祭り。

         

        そして、本当にたくさんの方においでいただきました。

         

        購入してくださるだけでなく、地元の方々は、

         

        「今度うちの地区でもフリマやるから、ぜひ出品して!」と言ってくださったり、

         

        「宣伝するからパンフレットちょうだい!」と言ってくださったり、

         

        本当にあたたかい声援をいただきました。

         

        今まで、海外向けにオンラインでの販売に、いつも目を向けていましたが、

         

        日本国内の日本の方々に、それも地元の人たちに向けて、ということをあまり考えていませんでした。

         

        お祭りの帰りに寄った、地元の焼肉屋さんの店主さんも、

         

        「お客さんに宣伝するよ」

         

        と言ってくださり、本当にありがたいなあと思いました。

         

        昔ながらの地元のつながりが強い、この辺り。

         

        最近ではあまり見かけないような、ご近所さん同士の会話や、昔懐かしい町内会の催し物や行事などが多くて、本当に大好きな土地です。

         

        そんな地元の方たちに、まずは知ってもらうということをこれから中心にやっていこうと、改めて思うことができた日でした。

         

        どんどんと、地元の方たちに出していきたい。

        目黒という街がさらに好きになった、一日です。

         

        昭和の香りただようお寺や家々が立ち並ぶ中で、昔懐かしい人のつながり、ぬくもりを感じることができる。

         

        本当にいい街に引っ越してくることができたなあと思います。

         

        これまで作ってきた在庫をほぼ売り切ってしまった妹のかんざし、

         

        ご高齢の方から男性、また小さなお嬢ちゃんたちまでが興味を示して買ってくれた私のアクセサリー。

         

        二人ですがすがしい疲れとともに終えることができた一日でした。

         

        来てくださった方に感謝。

         

        話しかけてくださった方々に感謝。

         

        この街に感謝。

         

        この街の人々に感謝。

         

         

        posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 07:41 | comments(0) | - |
        満開の桜の桜まつりに参加
        0

           

          地元の桜まつりに参加

           

          今日、地元のさくら祭りにフリマで出店してきます。

           

          とてもわくわくしています。

           

          お客さんがたくさん来てくれることを期待するのはもちろんですが、このさくら祭りに出店できるということ自体がとてもとてもうれしい!

           

          桜のアクセサリーをメインに作っていて、桜の季節に桜がたくさん咲いている人が多いところでアクセサリーを売ることができたら、どんなにいいだろうかと、夢に描いていたことです。

           

          その夢がかないます。

           

          もちろん買ってくれる人がいれば、なおさらうれしいです。

           

          でも、さくらの木の下で、桜を見にきた人たちに、私たちの桜アクセサリーを見てもらいたいというのが、一番の願いでした。

           

          その願いが今日叶う。

           

          しかも、家からとても近い地元でのさくら祭り。

           

          目黒川は桜が年々、とても有名になってきて、今では全国、全世界からたくさんの人が桜を見に訪れます。

           

          そんな目黒川から少し入った、かむろ坂というところ。

           

          この道路は、両側が桜の木のトンネルで、桜の時期だけ夜はライトアップします。

           

          この道路を通行止めにして歩行者天国にし、桜吹雪のなかでお祭りをやっているのを昨年知りました。

           

          行ってみたら、本当にすごい人で。

           

          こんなところで、桜アクセサリーを見てもらえたら、どんなにいいだろうかと、桜アクセサリーを作り始めた頃にこのさくら祭りのことを思い出したりしていました。

           

          あこがれならば、やってみるしかない!

           

          そう思い、だめもとで、コンタクトをとって、思いがけず、実現です。

           

          今日はお天気もよく、暖かく、そして桜もちょうど満開の日曜日。

           

          まさに夢にまで描いたシチュエーション。

           

          私たちも出店しますが、桜のお花見を楽しみながら今日一日を過ごしたいと思います。

           

          出会いに感謝。

           

          チャンスに感謝。

           

           

          posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 07:58 | comments(0) | - |
          最近のアクセアリー作り
          0

             

            最近思うこと

             

            最近、アクセサリー作りが本格的になってきて、コツコツとではありますが、売れ行きも伸びてきて、ふと思うようになったこと。

             

            それは、以前と少し違う考え方でアクセサリー作りをするようになってきたこと。

             

            以前、必死に売れそうなもの、ユニークなアイデアのもの、などを考えていました。

             

            自分が作っていて楽しいけれど、自分がそれを持ちたいかどうか、欲しいかどうか、などは二の次でした。

             

            最近、大切にしていることは、まずそれを欲しいと思う人がいるかどうか、ということ。

             

            「いいなあ、欲しいなあ」と思われるかどうか。

             

            たとえ、変わっていてユニークでも欲しくないようなものでは意味がない。

             

            また、「いいなあ、欲しいなあ」と思った人が購入してくれたら、それを実際に手に取ったときに、何と思うか、ということを一番大切にしています。

             

            お金を払って購入してくれた、それなのに、実際に手に取ったらガッカリしたのでは、私のアクセサリーを好きになってくれるどころか、不満が募り、「もう買わなくていいや」と思われるだけです。

             

            お金を払うからこそ、その価値に見合った満足してもらえるものを作るように心がけています。

             

            だから妥協はしたくない。

             

            妥協してしまうと、必ずそれは相手に伝わると思うのです。

             

            妥協せず、自分が満足いくものを作る。

             

            自分が満足していれば、買ってもらったときに自信をもって送ることができる。

             

            それに、値段決めも最近変わってきたことがあります。

             

            以前の値段決めは、コストだけでなく、自分の労力の分を値段に入れていました。

             

            もちろん、手の込んだものはそれなりに時間と労力がかかっているので値段に反映させるのは大切です。

             

            ですが、私が買う側の立場だったら、「これだけ時間と労力がかかったんですよ。」と言われても、「ふーん。。」という感じです。

             

            自分が買う場合、手間がかかっているかどうかよりも、そのアクセサリーが好きかどうか、です。

             

            そのアクセサリーのデザインや色が好きであれば、少々自分の予算よりも高くても買いたいと思う。

             

            どんなに手間がかかっているものでも、自分の好みでなければ安くたって買いません。

             

            また、コストも一緒で、コストがかかるから値段が高いと言われても、自分が欲しいなら少々高くても買いたいと思うし、自分が欲しくないものは安くても買わない。

             

            最近の値段決めは、私の主観ではなくて、なるべく客観的な側から考えるようにしています。

             

            買ってくださるお客様が、アクセサリーを手に取ったときに、笑顔になることを想像しながら、心を込めて作るようにしています。

             

            そんな喜んでくれる顔を想像しながら作ると、こちらまでうれしくなってくる。

             

            ほんわかした気分で、アクセアリー作りに今日も励みたいと思います。

             

             

             

             

             

             

             

             

            posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 07:50 | comments(0) | - |
            桜の季節にフリーマーケット
            0

               

              気が付けば、桜の時期

               

              桜まつりが目黒川で始まりました。

               

              そして、気が付けば桜が咲いています。

               

              アッという間に桜は満開になるのだろうなと思います。

               

              一斉に花だけが咲き誇り、夜空さえも白く浮き上がらせる桜の花はとても華やかで荘厳で、それでいて満開の時期は本当に一瞬なので、とてもはかない。

               

              満開になった瞬間から葉っぱが出始めて、薄ピンク一色だったのが、濁って茶色っぽい色になってきます。

               

              桜の色は、桜色というくらい、淡いピンク。

               

              白に近い、とても薄いピンク色は、はかなさ、柔らかさ、繊細さ、華奢なイメージを持っています。

               

              桜の季節に合わせて、私と妹が作る桜アクセサリーも、多くの方が見てくださり、買ってくださる。

               

              本当にありがたいです。

               

              今度の日曜は、初めてのフリーマーケットに出店。

               

              フリーマーケット自体が、初めての体験。

               

              また私たちのアクセサリーをオンライン以外で、対面で外で販売するのも初めて。

               

              ドキドキです。

               

              桜の季節に合わせて、春の記念に、桜を一人でも多くの方たちに身に着けていただけたらとワクワクします。

               

              また、墨田区という場所柄、外国の方がいるかもしれないので、和風のアクセサリーを手に取ってくれるといいな。

               

              晴れるといいな。

               

              まだまだ、お天気はわかりませんが、初のフリーマーケット、実現がかないますように。。。

               

              小さな体験ですが、新しいことへ、また一歩!

               

               

               

               

              posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 07:41 | comments(0) | - |
              アクセサリー作りのアイデアと人とつながり
              0

                 

                アクセサリーの新しいアイデア

                 

                最近のアクセサリーづくりは、周りの人たちに支えられているなあと特に実感します。

                 

                新しいアイデアやヒントは、以前に買ってくれたお客様だったり、友人だったり、家族だったり。

                 

                また、新しいリクエストをもらうことによってアイデアをいただいたりします。

                 

                そして、思うこと。

                 

                自分の頭の中で考えることには限りがある。

                 

                自分の考え得ることは、自分が経験してきたことにしか基づいていない。

                 

                それぞれの人たちが、それぞれの場所で生まれ育ち、それぞれの文化とともに、生きてきたからこそ、違った視点や考え方がある。

                 

                好み、人間関係、仕事、気候などが、すべて違う。

                 

                そんないろいろな人たちが出してくれるアイデアは、私自身では到底考えられるものではなかったりします。

                 

                昔の私は、自分と似たような考え方や境遇の人たちにばかり近寄って行っていたので、自分と違う人たちを避けていました。

                 

                だから、集まる意見も同じようなものが多かったのです。

                 

                違う意見の人たちを受け入れず、真っ向から反対したりもしていました。

                 

                そして、そういう人たちの意見を否定し、少しも可能性を考えることをしませんでした。

                 

                人間、違うから面白いのに、そのことがわかっていなかった、未熟者でした。

                 

                今は、違う人たちとの出会いを心から楽しむことができます。

                 

                文化が違う、生活が違う、仕事が違う、考え方が違う、性格が違う、そういう人たちの話が面白い。

                 

                そういう人たちが出してくれる意見を聞く。

                 

                「ほほう、なるほどね。そんな考え方があるんだ。なんとかできないものかなあ。難しいかもしれないけれど、何か方法があるはずだ。」

                 

                と、その意見を否定しない可能性を考えます。

                 

                そうすると、ある時突然、「っ!」とアイデアが浮かんだりするのです。

                 

                そんな感じで、色々な人たちのアイデアを借りて、アクセサリーの幅を広げています。

                 

                日本の文化をアクセサリーで広げ、伝えていきたい。

                 

                和風が好きな世界中の人たちに、また海外に住んでいる日本の人たちに、そして海外へ訪ねていく日本の人たちに思いをはせて、

                 

                日本をぎゅっと詰めたユニークなアクセサリーをこれからも、いろいろと考案したい。

                 

                人のつながりに感謝。

                 

                posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 14:03 | comments(0) | - |
                以前の自分と今の自分
                0

                   

                  英会話でたくさんの人に出逢います。

                   

                  今、トライアルレッスンの問い合わせが多く、英会話レッスンの新しい生徒さんが増えてきました。

                   

                  本当にいろいろな職業や個性のある方たちがレッスンに来てくれます。

                   

                  気が付けば、なんだかユニークな方たちと出会う機会が増えていることに気づきます。

                   

                  以前、自分がとてもまじめな人間だと思っていた頃(実際にきっと生真面目だったのですが)、周りにも同じような人たちがいました。

                   

                  というか、以前は自分とは違うような人たちを避けていたんだと思います。

                   

                  そんな時代を経て、今の私は、まるで生まれ変わったかのような別人です。

                   

                  まるで別の人格。

                   

                  人間、こうも変わることができるのかと思うくらいに、性格が変わったなあと自分でも感じます。

                   

                  以前、くよくよする性格で、何事も心配して心配して、勇気がなく、臆病で、新しいことが苦手で、真面目で、だから必死に準備万般に用意をして、人の気を使って、そして過去を振り返っては後悔して、疲れていました。

                   

                  今、まるで正反対の私がいます。

                   

                  後悔や心配することももちろん、少しはありますが、すぐに切り替えることができるようになりました。

                   

                  また、嫌なことなども、きっと何か意味があるんだろうと思うようになったり。。。

                   

                  吹っ切れたり、そして、思い切ったり、新しいことにどんどん挑戦できるようになりました。

                   

                  だから、新しい環境、新しいこと、新しい人に出逢うのが、とても楽しめる。

                   

                  以前、それを怖い、不安だと思っていましたが、今は本当に楽しい。

                   

                  ワクワクするのです。

                   

                  そんな自分になると、周りに集まってくる人たちもきっと、そういう人たちなんだろうと思います。

                   

                  特に、私の英会話レッスンに来てくれる方たちは、周りをあまり気にせず、新しいことに挑戦しようとしている。

                   

                  そして、彼らの仕事や生活もまた、それぞれ本当にユニークです。

                   

                  いつの間にか、そんな個性的な人たちに囲まれている。

                   

                  楽しいと思っていると、周りにも楽しいと思う人たちが集まる。

                   

                  そして、さらに楽しい輪を広げていける。

                   

                  人のつながりも同じ。

                   

                  人のつながりを広げていけば、どんどんと輪が広がる。

                   

                  英会話を通して、たくさんの人と出会い、つながりを大きくして、楽しんでいこう!

                   

                  出会いに感謝。

                   

                  ワクワクに感謝。

                   

                   

                   

                   

                   

                  posted by: twinchipmunks | 自分磨き | 21:29 | comments(0) | - |
                  3月11日から8年
                  0

                     

                    3月11日から8年

                     

                    今日は3月11日でした。

                     

                    誰にとっても忘れられない日。

                     

                    8年が過ぎたんだと、びっくりします。

                     

                    今日、私は8年前の今日をいろいろな形で振り返っていました。

                     

                    英会話のレッスンをしながら、生徒さんと8年前の今日何をしていたかを話しました。

                     

                    皆さん、今とは全く違う生活をしていました。

                     

                    それだけ、8年という年月の長さを感じます。

                     

                    ある生徒さんは、8年前はまだ大学生だった。

                     

                    ある生徒さんは、8年前はまだ仕事をしていて、今は結婚して家庭を持っているお子さんが、当時はまだ家にいたとのこと。

                     

                    そして、私の8年前も、今とは全く違うものでした。

                     

                    妹とともにレストランで忙しい毎日を送っていたあの頃。

                     

                    まだ広尾に住んでいて、そこからあの日歩いて虎ノ門の職場まで行ったのがきっかけで、それ以降、広尾と虎ノ門の職場を歩いて通うようになった。

                     

                    あの頃、小学生だった子供は、今高校生や大学生になっている。

                     

                    尊い命がたくさん奪われてしまった、あの日、また多くの人の生活を奪ったあの震災のことを、うかつに話すことや書くことがずっとできないでいました。

                     

                    ですが、8年となると、今度は風化しないように、という声がよく聞こえるようになってきました。

                     

                    そのためにも、この日を思い出さなければいけない。

                     

                    忘れないように、いつまでも、記憶にとどめて、次の世代へとつなげていく必要があると思います。

                     

                    そして、命を守るために、何ができるのか、改めて考えたい。

                     

                    また、命があるということの奇跡を、改めて考えたい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    posted by: twinchipmunks | 自分の思い | 22:52 | comments(0) | - |
                    さらに終わらなかったインターネット事件
                    0

                       

                      昨日に引き続き、さらに起こった問題。

                       

                      昨日、こちらで書いたインターネットの会社。

                       

                      結局、折り返しの電話が来ないままで、翌日お昼に帰宅した際、こちらから電話をすると、

                       

                      「工事の者から電話させるので、今日うかがえるのかどうかはわかりません。工事の者と話してください」

                       

                      と言われたきり、待ちぼうけ。

                       

                      そして、ようやく工事の方から連絡が入り、なんとか工事に来ていただき、一件落着かと思えました。

                       

                      ところが!!

                       

                      工事の方が帰ってしまって、新しいネットワークとパスワードを設定しなおし、インターネットを使ってみたら、突然wifiがつながらなくなってしまいました。

                       

                      モデムを見てみると、警報の赤いランプが。

                       

                      設定ガイドを引っ張りだし、色々見てみるも、原因がわからず、インターネット会社に電話すると、

                       

                      「こちらではわかりかねますので、サポートセンターの方へおかけください」

                       

                      と、たらいまわしにされ、サポートセンターに電話すると、なんと人と話せるというオプションがないではありませんか?!

                       

                      録音の音声が流れ、選択肢の中には、「係の者におつなぎします」という選択肢がなく、

                       

                      電話で係の人と話したい場合は、電話を受ける日時を申し込んでください、とのこと。

                       

                      今すぐ、誰かわかる人間に話をしたいのに、それができない。

                       

                      「そうだ、先ほど来てくれた工事の人の携帯電話番号が履歴に残っていた!」

                       

                      と、電話すると、

                       

                      「ちょっと調べさせてください。そしてかけなおします。」

                       

                      と言ったきり、電話が来ません。

                       

                      30分ほど待って、電話をもう一度すると、今調べている最中で、他の担当の部署からかけなおさせるとのこと。

                       

                      「16時には出なければならないので、電話を16時までにいただけるようにお願いしてもらえますか?」

                       

                      と伝えたのですが、16時になってもどこからも電話がない。

                       

                      先ほどの工事の方に電話をしても、もうつながらない。

                       

                      私も出かけなければいけない時間だし、インターネットがつながっていない状態のまま出かけるわけにもいかず、さすがに焦ってきて、営業窓口に電話をして事情を説明しました。

                       

                      しかし相手からは、「こちらでは、どうすることもできません」の一点ばり。

                       

                      どこかにつなげてもらえないかとお願いしてみても、それはできませんと機械仕掛けの人形のように繰り返すばかり。

                       

                      もうやけになって、自分でモデムの光回線のコードを抜き取り、ボタンをいろいろと押したりして、最終的には古い方のモデムを出してきてつなぎ変えてみたり、さまざまなことを試してみました。

                       

                      そういったことをしても大丈夫なのかどうかすら、わかりませんが、それを聞きたくても、話せる人につながらない。

                       

                      なんだかやけくそになって色々抜き差ししていたら、赤いアラームランプが消えて緑のランプがついているようだったので、仕方なく、放置して家を出ました。

                       

                      夜、出先にいる頃に電話がきて、日程を調整して後日工事の方がまた来るとのことですが、その日程を決めるのにも、工事の方が来るのも別の人で別の会社で、話が人づてに間接的にわたっていく。

                       

                      本当に信じられないくらいにたくさんの会社やたくさんの人が関わっているために、それぞれの担当の人は自分の担当の仕事しかしていなくて、他のことは知りませんという態度で一貫しています。

                      責任感もなく、自分の会社の提供しているサービスが使えないという決定的な問題にもかかわらず、全く悪びれる様子もない。

                       

                      その夜帰宅すると、やっぱりインターネットはつながっておらず、使えない状態。

                       

                      古い方のモデムを引っ張りだして、つなげてみると古いモデムだとなぜかインターネットがつながる。

                       

                      やっていいことなのか、何か問題なのか、わかりませんが、もう知ったことではない。

                       

                      インターネットが使えないということの方が大問題なので、とりあえずはこのまま古いモデムを使うことにしました。

                       

                      そしてまだまだ終わらない、このNR〇との闘い。

                       

                      最近は、インターネット会社、携帯電話会社、ガス会社、電気会社など、様々な会社が参入していて、多くのオプションがありますが、中には悪質な会社も多いようです。

                       

                      あるガス会社は、顧客が使った量のガス料金よりもはるかに多くの料金を適当に請求しているという話を聞いたことがあります。

                       

                      インターネットもしかり。

                       

                      インターネットサービスを提供している会社である以上は、そのネットが使えないのでは、詐欺と一緒です。

                       

                      安かろう悪かろう。

                       

                      今から他の会社に乗り換えるとなると、また工事からやり直しで、家主さんの許可を取って、工事計画から工事に入り、と大変な工程を繰り返す必要があり、できることなら避けたいのです。

                       

                      ですが、次に引っ越すことがあれば、絶対にこの会社は使いたくない。

                       

                      そんな風に客に思われるような会社にだけは、ならないように自分は気を付けたい。

                       

                      会社は大きくなればなるほど、働く人も多くなり、担当が細分化されて、責任感も少なくなり、客の顔が見えにくくなる。

                       

                      それを真の辺りにした、今回の件です。

                       

                      たとえ小さな会社だとしても、顧客一人一人、それぞれの生活があり感情がある。

                      そして、人は感情によって動く。

                       

                      製品を買う、買わない、など一つとっても、感情が必ず関わっている。

                       

                      どんなに良い製品だとしても、その会社が嫌いだったら買わないだろうし、また、逆に言えばその会社やブランドを好きだと思えば買う。

                       

                      そんな当たり前のことですが、とても基本となる大切なことを思い出させてもらえ、自分自身を振り返る、とても良い切っ掛けとなりました。

                       

                       

                       

                       

                      posted by: twinchipmunks | 自分の思い | 18:36 | comments(0) | - |