Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きる意味とは。目標を持つ意味とは。
0

    生きることの意味 目標を持つ意味

     

    生きることの意味を改めて考える最近。

     

    あまり先のことまでじっくりと考えたりしないで、ただ毎日を一生懸命に生きていた私の生活に、衝撃が走る出来事が起きたから。

     

    私は双子で生まれて、双子の妹とずっとずっと深いつながりをもったまま人生を生きてきたなあと思うのです。

     

    親には若い頃から、

     

    「私たち双子はいくら絆が強くても、いくら仲が良くても、結婚するわけにはいかないんだし、お互いにそれぞれの人生を歩む必要があるんだからね」

     

    と何度も何度も言い聞かせられるほど、大人になってからもずっと二人一緒にいようと必死に生きてきた気がします。

     

    それぞれ結婚して、それぞれの生活ができたときも、自分に一生懸命言い聞かせていたのを思い出します。

     

    私も妹もそれぞれ結婚してるんだし、別々の道を歩んでるんだから、離れることになるのも仕方のないこと、と。

     

    そう言い聞かせていても、心の奥底ではどうしても一緒になりたくて、近くにいたくて、離れていると自分の体や心の半分が遠くにあるような、そんな感覚で過ごしていた気がします。

     

    妹がスイスに行ってしまった時も、私も海外で妹と一緒に住んでみたいという夢をいつの間にか持っていて、その夢は気が付けば妹と私の二人の目標となっていて、その3年後には気が付けば私もスイスに妹を追いかけて移住するということになっていました。

     

    スイスから帰国しても、二人一緒に仕事をしようと、女で双子の板前という特殊な状況にも関わらず、私たちの目標をあきらめないで実現したなあと思い出します。

     

    その後も、お互いの新しいパートナーと一緒になり、そのお互いのパートナーは日本人ではなく外国人にも関わらず、私と妹はかたくなに近くにいたいと、お互いに近い距離に住んでいました。

     

    そして妹に赤ちゃんが生まれ家族ができてから、私は気が付けば妹とだけでなく、姪っ子とも強い絆を築いてきていました。

     

    私と妹で距離だけでなくもっとつながりたいと二人でビジネスを始めたり、お互いに気づかないうちに、私たち双子はどんどん強くつながっていたなあと思うのです。

     

    気が付けば私たちは48歳。

     

    ここまでの人生、切っても切っても離れないでくっつく私たち双子。

     

    そして、今はそこに姪っ子も加わり、双子プラス真ん中に姪っ子という絆。

     

    私の夫も妹の夫も、私たち双子は奇跡の双子だとよく言います。

     

    それくらい、奇跡を起こし続けながら、離れてもつながり、離れてもまたくっついてきました。

     

    まるで磁石で引き寄せられるように、どうやっても結局はくっつく。

     

    そんな、私たち双子が、また離れることになりました。

     

    妹家族がフィンランドへ移住することとなったのです。

     

    妹だけでなく姪っ子も遠くへ行ってしまう。

     

    しかも移住なので、きっともう日本へは戻ってこない。

     

    それを聞いたとき、私の心はぽっかりと穴があいてしまって、体の半分だけでなく3分の2くらいがなくなったような感覚で、実感がわきませんでした。

     

    悲しいとか寂しいとかいうよりも、もっともっと大きな衝撃で、ただただ、「私は生きていけるんだろうか。」

    と、それだけしか思えませんでした。

     

    妹が近くにいない人生って、考えられないのです。

     

    どうやってもどうやっても描くことも想像することもできない。

     

    そんな意味のない人生ってなんだろうと、思いました。

     

    生きるってなんだろう、と。

     

    私の人生って意味がないんじゃないかと。

     

    生きてる意味すらないような気がしてきました。

     

    それで、考え始めた、生きる意味。

     

    妹が最初にスイスへ行ってしまった時のことを思い出そうとしてみました。

     

    私はそのとき、どんな気持ちだったか思い出そうとしてみたのですが、思いだせないのです。

     

    きっと、あのときもあまりの衝撃で気持ちや感情が抹消されてしまっていたのかもしれません。

     

    だけど、覚えているのは、いつか私も妹のいるスイスへ行くと思っていたこと。

     

    その夢をもって、生きがいとして、目標として生きていたような気がします。

     

    生きているってことは、夢や目標をもっていなければ、生きる意味がなくなってしまう。

     

    きっと、人間はみんな、すべての人が夢や目標を持っているんだと思うのです。

     

    自分で気づかなかったとしても、その目標や夢がたとえ小さなことだとしても、

     

    日々、夢や目標に向かっている、それが生きるっていうことだと思うのです。

     

    仕事で昇進したいとか、定年まで頑張ろうとか、大きい目標があるかもしれない。

     

    この契約を頑張って取ろうとか、仕事を今日は頑張って何時までに終えて、家に帰ったらおいしいごはんを食べようとか、小さな目標かもしれない。

     

    子供が幸せに成長できることを目標に日々頑張って子育てをしているかもしれない。

     

    今日一日気持ちよく過ごせるために家事を一生懸命こなすことを目標にしているかもしれない。

     

    健康で長生きすることが目標かもしれない。

     

    今日もウォーキングをするということを目標にしているかもしれない。

     

    人間はみんな、必ずなにか目標を持っているはず。

     

    生きるということは、常に目標をもってそれに向かっていくということだと思うのです。

     

    目標は大きな目標があって、その大きな目標を実現させるために小さな小分けにした目標があるべきで。

     

    日々その小さな目標をこなすということが、生きていくっていうことだと思う。

     

    そして、目標は、辛いことや大きな壁にぶち当たったりしたときこそ、しっかりと持つことが必要なのかなと、思います。

     

    逆に言えば、壁にぶち当たったり行き詰まったり、悲しいことや辛いことが起こった時は、きっと目標を立てろという意味なのかもしれない。

     

    目標を立てて、それに向かって実現していくための機会を与えられているのだと思います。

     

    そういう時こそ、「なにくそっ!!負けてたまるか。」とか「絶対にあきらめない!実現してみせる」

     

    という強い意志となって、エネルギーとなって、その目標に進む原動力となっていく。

     

    ぶち当たった壁が大きければ大きいほど、辛ければ辛いほど、「絶対にやってやる!」と思えるのかもしれない。

     

    しばらく、生きる意味ってなんだろうと、魂がぬけたような放心状態になっていた私ですが、

     

    ようやく、生きる意味を改めて実感した気がします。

     

    大きな目標を今、持っています。

     

    「必ず、また妹と近くなる。」

     

    ずっと心に描いている私たちの老後は金さん銀さん(知っている方は知っていると思う仲の良かった双子姉妹)のように過ごすことです。

     

    それはまだ、遠い未来ですが、私たち双子は必ず、何らかの形でまた一緒になるはずだと、妹も私も信じています。

     

    妹の夫も、私の夫も「奇跡の双子だから」と思っています。

     

    「奇跡の双子」は奇跡では終わらない。

     

    どんな形で近くになるのかは、まだわかりませんが、私は今、この大きな目標に向かうために、できることを片っ端からやろうと、小さな目標をたくさんと立てています。

     

    必ず、実現させようと、あきらめない強い意志をもって、私にできることを一つ一つやっていく。

     

    悲しいことや辛いこと、うれしいことや楽しいことがあるっていうことが、生きるという意味なんだと思います。

     

    喜怒哀楽

     

    これがなければ、人生は単調で味気ない。

     

    辛いことや頭にくることや悲しいことがあるから、うれしいことや楽しいことがある。

     

    そういう感情をポジティブな原動力にして、たった一度の人生を悔いのないように生きていきたい。

     

    それが私にとっての生きる意味。

     

     

    #人生 #生きる意味 #目標 #人生設計 #喜怒哀楽 #壁にぶつかったとき #ポジティブ #あきらめない #夢を実現 #双子 #強い絆

     

     

     

     

    posted by: twinchipmunks | 自分の思い | 08:48 | comments(0) | - |