Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
コロナに感染したかも?
0

     

     

    少し遅くなりましたが、先日の投稿の続きです。

     

    徹底して、買ってきたものや郵便物、配達物などの消毒を一つ一つこれでもかと神経質に行っている理由について。

     

    実は、私、コロナ感染してたかも。。。しれないという経験を先月していました。

     

    もうほとんど外出をしなくなっていた頃です。

     

    3月の半ばから後半にかけて、突然具合が悪くなったのです。

     

    ある月曜日。

     

    午前中は頭痛がして、横になっていましたが、午後から突然の悪寒、倦怠感。

     

    あんなにもひどい悪寒と倦怠感は今までに経験したことがないくらいすさまじいものでした。

     

    寒くて寒くて、ぶるぶると震えが止まらないし、体がだるくてだるくて、起き上がるのも歩くのもしんどいくらいです。

     

    午後は布団にもぐって、何枚もこれでもかくらい着込んでいました。

     

    それでも寒くて、顔が寒くて、頭の上まで布団をかぶって寝ていました。

     

    夕方までうなされながら寝て、ちょっと良くなったかもと思い熱を測ったら、なんと38.6度!!

     

    普段、熱をめったに出すことがない私。

     

    風邪をひいても熱なんか出たことほとんどないし、そもそもインフルエンザにも生まれてからかかったことがありません。

     

    体温計の数字を見た瞬間に「コロナだ!!」と思いました。

     

    パニックになり、「どうしよう、コロナに違いない。どうしよう、どうしよう。」とうろたえました。

     

    すぐに帰国者・接触者センターに電話をしました。

     

    なかなかつながりませんでしたが、なんとかつながって、事情を話すと、もちろん「PCR検査はできないし、コロナではないと思いますよ。」

     

    と、何の根拠もないのに言われ、挙句の果てに「普通に病院にかかってください。ただ事前に電話をしてから行ってくださいね。その際にコロナかもしれないということを口にすると病院側から拒否される可能性があるので、コロナという言葉は使わずに」

     

    と言われたのです。

     

    それって。。。つまり、コロナかもしれないと思っているのに、普通に病院に行けと言っているということ??

     

    コロナかもしれないのに、コロナかもしれないということは隠して病院に行けと??

     

    こんな風に、コロナ疑いのある人たちが普通に病院やクリニックに行けと言われる。

     

    熱がある人、咳が止まらない人、など、「コロナなんじゃないか?」と思っている人たちは帰国者接触者センターや保健所に電話をしても、PCR検査なんかにはもちろんつなげてもらえず、普通に病院やクリニックへ行ってくれと言われる。

     

    日本で感染者が広がるわけだなあと思いました。院内感染が広がるわけだなあと思うのです。

     

    私はというと、あまりの倦怠感で、立ち上がることもできず、病院に行く気力もなかったし、コロナかもしれないし、逆にコロナじゃなくても他の患者さんからコロナがうつるかもしれないし、病院には行かず自宅療養にしようと決めました。

     

    容態が良くならなかったり、悪くなったりしたら、すぐに病院に行こうと思いながら、その日から「コロナかもしれない療養生活」が始まりました。

     

    幸い高熱は翌日の夜くらいには37度くらいに下がり、その後1週間くらいは36.6−36.8度くらいでした。

     

    ただ、頭痛が半端ない!!頭が割れそうな頭痛が1週間以上続いたのです。普段から頭痛持ちの私ですが、あんなにひどい頭痛は経験したことがないくらいの長くひどい頭痛。

     

    そして、それと同時に、倦怠感も1週間近く続きました。

     

    毎日、朝起きては、今日はのどは痛くないかな、咳はでてないかな、息苦しくないかな、匂いや味はするかな、と本当に不安な1週間でした。

     

    また、発症から1週間くらいして、突然容態が悪くなるという例をたくさん聞いていたので、1週間くらいが本当に恐ろしかった。

     

    もしも容態が悪くなって、息苦しくなったら、その時は肺炎が悪化しているということで、ということは、私死ぬのかもしれない、と「死」が頭をよぎりました。

     

    新型コロナウイルスが蔓延し始めた頃、「インフルエンザとあまり変わらない」と、言われていたりましたが、それは大きな間違いで、

     

    そう気づいたころには、コロナウイルスは世界中にひろがってしまっていて、毎日多くの人が命を落としているのです。

     

    こんなにも恐ろしい病気はないと思います。

     

    だって、多くの人は軽症で済んだり、また症状すら全くでないで終わるのにもかかわらず、一部の人たちは重症化し、重症化するとその悪化の経緯はとても早く、命が助かる見込みは少なくなる。

     

    そして、誰がいつ重症化するのか、誰にもわからないのです。

     

    若いからとか、健康だからとか、関係ありません。

     

    確率で言えば、若い人や健康な人は重症化しにくいのかもしれませんが、それでも中にはそういう若い健康な人たちでも命を落としている。

     

    誰にもわからない。

     

    運が悪ければ死んでしまう病気。

     

    海外では、若い人や子供の死亡例も多く報告されています。

     

    そして、治療薬もなく、どこから感染してしまうかもわからない。

     

    1週間たっても、私はまだ安心できませんでした。

     

    2週間がたち、「多分大丈夫かも。。。」とようやく思えるようになり、3週間たったころには、「きっと大丈夫だったんだ。死ななくて済んだ」と思えました。

     

    私は検査をしたわけではないので、コロナだったのかどうなのか、わかりません。

     

    でも、コロナだったのかもしれないという思いが強い。

     

    世界中のコロナ感染者の症状を聞いていると、私とまったく同じ症状もあるから。

     

    そして、もしも私がコロナだったとしたならば、いったいどこから感染したのか?

     

    日本中の人たちがまだ、そんなに深刻に考えていない頃から、外出を控え、人との接触を控えて、ほとんど隔離生活をしていました。

     

    帰宅すると手洗いは、まるで手術をする医師のように、念入りに、そしてうがいも。

     

    そして、買ってきたものの消毒も除菌ウェットティッシュで拭いてしている。。つもりでした。

     

    でも、きっと消毒がきちんとされていなかったかもしれない。

     

    水洗いだけで済ませていたパプリカをサラダに使ったのがいけなかったのかもしれない。

     

    どこから感染したのかなんて、わからない。

     

    どこから感染するのかわからない。

     

    だからこそ、今、これでもかというくらい、徹底して消毒をしているのです。

     

    買ってきた野菜や果物は手洗いと同じように石鹸でよく洗う。

     

    袋や箱ものは消毒薬でよく拭く。

     

    外から来たものは、全て消毒。

     

    携帯電話もしょっちゅう消毒。

     

    配達や郵便配達の人とは接触を一切しないで、ドア越しに対応し、荷物をドアの外に置いてもらう。

     

    家の中に配達物を入れる際は外で開封し、消毒してから、家の中へ入れる。

     

    などなど、これでもかというくらい神経質になっています。

     

    今は、もうお店へ買い物に行くことすら、よっぽどのことがないと出かけません。

     

    徒歩5分の最寄りの郵便局へ行くのが唯一の外出。

     

    買い物もすべて配達で済ませています。

     

    それでも感染してしまう可能性はゼロではないのです。

     

    アメリカでも1カ月間一歩も外にでないで、荷物の受け取りも手袋をはめて徹底していた女性が感染したというニュースを聞きました。

     

    具合が悪いときは、「きっと違うよ。コロナじゃなくてただの風邪か疲れだよ。」と自分に言い聞かせていましたが、今となっては、私も感染していたかもしれないと思うのです。

     

    あんな恐ろしい思いをできればもうしたくない。

     

    東京の病院が今、崩壊始まっていて、ベッドも空きがない状況では、なおさらです。

     

    感染リスクをゼロにすることはできないけれど、限りなくゼロにするために、できることをすべてやって、絶対に感染しないというつもりでいたい。

     

    そして、そういう思いでいるのが私だけでなく、日本のすべての人たち、世界中のすべての人たちもだと願いたい。

     

    一人ひとりが、絶対に感染しない、させない、と思い続ければ、いつか収束につながると信じています。

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: twinchipmunks | 自分の思い | 13:50 | comments(0) | - |