Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
実は今も形を変えて続けていたことに気づいた
0

     

    昨日の夜のレッスンで、ものすごいことに気づかされました。

     

    それは、私がもうすでにやめてしまっていると思っていたこと。

     

    以前、一時期ミーティングという形で、自分の体験談をシェアさせていただくという活動をしていた頃がありました。

     

    その体験談は、自分が辛かった時期のどん底だった頃のことから、どうやって今幸せに思えるようになったかという経緯を話させていただくというものでした。

     

    この自分の体験を話すことで、もしも同じように幸せに思えなかったり、生きづらかったりという思いを持っている人がいたら、お互いにヒントとかになったりできるかもしれないという思いがあり、また、何よりもシェアさせてもらうことで、自分がさらに学ばせてもらえるという機会でした。

     

    今、その活動はもうしていなくて、私はやめてしまっていたと思っていました。

     

    ですが、昨日の夜、レッスンの帰りに突然気づきました。

     

    実は、今もずっと私は、やっていたということ。

     

    そして、形を変えているけれども、レッスンの中で、対相手の一対一ですが、生徒さんとシェアをしていたということ。

     

    それは、生徒さんによって、内容の深さは違ったりしますし、あまり具体的には話さないことがほとんどです。

     

    ですが、生徒さんが、それぞれ何かしらの悩みを抱えていたり、人生や仕事や人間関係に行き詰まっていたりしたときに、それらを相談されると、それに対して私は自分がどう生きてきたかを考えます。

     

    自分の一番つらかった過去を思い出し、かつてどんな気持ちだったか、そしてどのようにそこから今に至るかを思い出します。

     

    そうすることで、実はシェアをさせていただいているということに気づきました。

     

    もちろん、生徒さんは英会話を習うために私のところにくるのですから、あまり重たい話をして、ひかれたりしない程度にですが。。。

     

    ですが、気が付けば、生徒さんからは、英会話のレッスンだけでなく、人生相談や、日頃の悩みなども持ち掛けられたりします。

     

    人それぞれ、本当に皆さん、いろいろな人生をあゆみ、色々な体験をされていて、辛い思いも、人それぞれ。

     

    かつて仕事がハード過ぎて、精神を病んでしまい、転職せざるを得なかった方。

     

    また、ご自分の息子さんがやはり仕事のせいで精神を病んでしまい、仕事をできずに辞めるに至った方。

     

    自分の彼が、人間関係で体を壊すほど悩んでしまったり、思い詰めたりしてしまうという方。

     

    自分のパートナーとうまくいかずに、別れ話に発展しそうな方。

     

    大切な家族を失ってしまい、絶望のどん底にあった方。

     

    結婚まで考えていた相手と破局してしまった方。

     

    離婚を経験された方。

     

    人生を変えたくて転職をした方。

     

    そして、今仕事の人間関係でまさに大きな問題を抱えていて、仕事をやめたい、自分を変えたいと悩んでいる方。

     

    昨日のレッスンは、そんなある生徒さんからの質問でした。

     

    「先生は、いつぐらいにご自分を今のように変えようと思い始めたんですか?」

     

    それで、はたと自分の過去を振り返りました。

     

    ”そうだった。

     

    自分は4.5年ほど前、人生のどん底へ行って、絶望の淵にいた頃があった。

     

    その頃はとにかくどん底から何とか這い上がろうとしていた。

     

    それから、這い上がってきて精神的に何とか立ち直ってきたら、今あることがありがたいと思えるようになり、今度はさらに自分を変えようと、人とのつながりを求めて、色々な活動をしていた頃があった。

     

    その頃、いろいろな人の集まりの会に参加してたんだった。

     

    そこで、たくさんの刺激を受け、色々な人と出会い、いろいろな考え方に会い、そして、気づけば自分が少しずつ変わっていったんだった。”

     

    若い頃から自分を変えたくて変えたくて、でもどうしてもなかなか変われなかった自分が、気が付けば変わっていました。

     

    自分の考え方が変わってきたら、少しずつ行動が変わっていました。

     

    以前の自分とは違う考え方になり、違う行動の仕方になり、そうすると自分の生活が変わっていました。

     

    そんなことを思い出し、ぽつぽつと彼女に話しました。

     

    その時に、「ああ、私は、今もこういう形で、シェアをさせてもらえているんだ」ということに気づいたのです。

     

    彼女は今、とても人生に行き詰まっているから、私も自分のことをかなり深くまで話しました。

     

    もちろん、人生、順風満帆に生きてきている(ように思える)生徒さんには、こんな重たい話はしないし、する必要もありません。

     

    逆に日頃の悩みやストレスを忘れて楽しい時間、集中する時間にしたいという方には、ひたすらに楽しく明るくレッスンをする時間です。

     

    ですが、辛い思いをしている生徒さんたちが、その思いを私に打ち明けてきたとき、その気持ちを受け入れることができます。

     

    少なくとも、自分も辛かった頃があるから、自分のその頃の気持ちなど共有できます。

     

    私は若かった頃、どん底を味わう前は、「精神的に病む」や「精神病」という言葉にかなり抵抗がありました。

     

    「えっ?!大丈夫?!この人!」みたいな思いで見てしまっていました。

     

    それは、その人の辛さや抱えているものがわからないし、経験したこともないし、理解できなかったからです。

     

    そういう人たちが自分とは違う特別な人たちだと思っていました。

     

    その頃だったら、きっと精神的に追い詰められている方たちにどう対処していいか、わからなかったと思うのです。

     

    ただただ、おろおろとして、「大丈夫かな、自分が何か言ったら、その言葉のせいで、さらに落ち込みがひどくなったりしたら大変だし。。。」

    などと考えて、適当に慰めたり、「大変ですね。。。」くらいしか言えなかったのではないかと思うのです。

     

    だけど、「精神の病」などという言葉とは無縁だと思い込んでいた私自身が精神的に追い詰められて、どん底まで行った体験をしました。

     

    自分が精神的にどん底に行ったとき、そして周りにそういう仲間がいたとき、私は全然大丈夫じゃなかったし、彼らがもはや特別な存在でもなく、彼らもまた自分と同志だったのです。

     

    そのどん底の経験を経たからこそ、今人の痛みや辛さがわかるようになったと思うのです。

     

    それがあったからこそ、今があり、今の私がいる。

     

    悩んでいる生徒さんたちにアドバイスができるわけではありません。

     

    だけど、自分の体験を話すことはできる。

     

    自分が当時どんな思いだったか、それから自分は何をしたか、などを話すことができます。

     

    そして、言えることは、「人生、どん底へ行ったら、必ずあきらめないでいれば、そこから這い上がることができる」ということ。

     

    底まで行ったら、後は上がるのみ。

     

    だから、どんなに辛いことでも、必ず楽になるときが来ると思えるということ。

     

    そして、どん底を味わったり、絶望や辛い思いをするということは、それはきっと自分が変わるきっかけの時だということ。

     

    そんなことを話しながら、自分が何をしてきたかなどを振り返ります。

     

    昨日は生徒さんに、具体的にどんなことをしたのかを聞かれて、忘れていたたくさんのことを思い出しました。

     

    自分を変えたくて読んだ本。

     

    参加した会やアクティビティ。

     

    毎日、こつこつとやったこと。

     

    人に助けを求め、つながりを求めていったこと。

     

    そんな内容をシェアさせてもらって、ふと思い出した本をまた読み返してみようと考えています。

     

    自分の過去を振り返ることは、ともすれば忘れてしまいそうになる大切なことを思い出させてもらえるということ。

     

    そして、軌道修正したり、自分の今の気持ちや状態を改めてチェックしたりできる。

     

    そんな機会を、実は英会話レッスンということを通していただけていたということに、気が付いた日でした。

     

    生徒さんに感謝。

     

    毎日に感謝

     

    今に感謝

     

     

     

    posted by: twinchipmunks | 自分磨き | 07:38 | comments(0) | - |