Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本語のすごさを再発見
0

     

    今日のレッスンで気づいたこと。

     

    それは、英語に比べると格段に日本語の方が、細かな言い回しやニュアンスを伝えられるということ。

     

    そして、言葉でかなりのことを言いあらわせるために、表情や身振り手振りなどはあまり使いません。

     

    英語では、ジェスチャーなど手振りを多く使ったり、表情筋をよく使うというのは知られています。

     

    それに対して、日本語は口元をあまり動かさなくても話すことができる。

     

    また、日本人は外国人からすると、無表情で何を考えているのかわかりにくいとも言われます。

     

    さらには、言われたことには裏があったり含みがあったりと、母国語を話す私たち日本人にさえ難しいことがあります。

     

    日本語の文化では、「空気を読む」「以心伝心」「察する」など、

     

    言葉で表される以外のことを推測したりすることを求められることがあるのです。

     

    それは、英語の文化にはあまりないことで、英語では率直に思いや意見を表すことが多いのではないかと思います。

     

    裏表などがあまりないので、ある意味わかりやすい。

     

    ただし、英語の表現は日本語よりもシンプル。

     

    例えば、「Help me」という文。

     

    これは、日本語では「助けて」という意味です。

     

    そして、シチュエーションによって、「助けてっ!!」「助けろ」「ちょっと助けて」など、重大さが変わります。

     

    また、「手伝って」という意味にもなります。

     

    さらには「手伝えよ」「手伝え」という命令の文にもなれば、「手伝って!」「手伝ってね」など親しい間で軽くお願いする文にもなります。

     

    そんなにいろいろな意味を、この「Help me」だけで表すことができるのです。

     

    日本語ではそれぞれ、言いかたが変わるのに。

     

    英語はこれらのニュアンスの違いをどうやって出すのかといえば、ジェスチャー、声のトーン、顔の表情などを使うのです。

     

    ある意味簡単なようですが、時には誤解も招きやすい。

     

    その点、日本語では男言葉か女言葉か、さらには怒っているニュアンスなのか、命令口調なのか、気軽に言っているのかなど、表情を使わなくても言葉を変えることで伝えることができる。

     

    そういう意味では、日本語はとても発達していて、すごい言語なのだなあと感じるのです。

     

    英語を教えていることで、日本語の繊細さを再発見しています。

     

    そんなことを改めて再発見した一日でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: twinchipmunks | 成功への道 | 21:35 | comments(0) | - |