Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
美術館から学ぶもの
0

     

    久しぶりのお天気で、午前中にサイクリングを兼ねて、渋谷で開催中の個展を見に行きました。

     

    自転車で中目黒、代官山経由で行くと渋谷へあっという間。

     

    アップダウンがとても多く良い運動ですが、距離的には意外にとても近くて、びっくり。

     

    いつも電車で行っていた渋谷がとても近く感じられたのですが、人の多さにちょっと戸惑いました。

     

    今年に入り、コロナ渦になってからほとんど電車にも乗らず人込みを避けてきたので、久しぶりの人の多い渋谷交差点に圧倒されてしまいました。

     

    それでも、平日のランチの時間をはずしたので、目当ての個展会場に着くと、ほとんど人はおらず、十分に堪能できたのはラッキー。

     

    みんなが働いている時間帯に、サイクリングや美術館巡りなど、なんともぜいたくな感じですが、これも自分の作品づくりの勉強のため。

     

    特に美大などへ行ったわけでもなく美術を勉強したわけでもない私は、自己流で描いているので、せめて良い作品を目で見て学んでいこうと、最近は気になるイベントや展示会があるとなるべく出かけていくようにしています。

     

    サイクリングを楽しむだけでなく、勉強もでき、新しい目的地を発見することにもなり、一石二鳥。

     

    いろいろな作家や画家たちの作品を見ることや、その人たちの作品作りの遍歴などを知ることで、様々な刺激を受けたり、学べることがあったり、ヒントをもらったりでき、とても新鮮です。

     

    どこでどんな出会いがあるかわからない。

     

    どこでどんな発見があるかわからない。

     

    だからこそ、なるべくいろいろなところへ出かけて行って、いろいろな作品に触れてみたい。

     

    今日見た個展の作者の経歴を読んでいて、思ったこと。

     

    それは、行き詰まった時、もうあきらめようと思った時、もう描くのをやめようと思ったときに、必ず何か発見やひらめきや変化があるということ。

     

    それはアートに限らず、人生そのものに言えることだなあと思うのです。

     

    ピンチはチャンス、というのをよく聞きますが、本当にそうだなあと思うのです。

     

    どん底や壁にぶち当たったときこそ、変化を起こす(変化が起きる)ときで、それこそが人生が変わるチャンス。

     

    それを忘れないでいたい。

     

    今後も、いつどんな苦境や壁にぶち当たるかわからないけれど、それは変化の時だということを覚えていたい。

     

    「もうおしまいだ。もう無理だ。もうだめだ。」

     

    と思うときほど、何か大きな変化がやってくるということ。

     

    今日は、アートだけでなく、人生における大切なことを改めて学ばせてもらえました。

     

    今日の個展との出会いに感謝。

     

     

    posted by: twinchipmunks | 自分磨き | 20:31 | comments(0) | - |